「 りっちゃん隊員〜戦記 」
10年09月22日
恐怖だけを傍らに、我らは滑るように進む
水が赤く染まる、死者の血で
だが俺はまだ生きている。生き延びられるようにと神に祈る
軍に楯突き、歯向かった。一人の少女の命を守るために
この選択が正しいのか、今こそ教えてほしい

敵の足音はすぐそこまで
もう駄目だと悟った時
援軍が駆けつけてきたのである・・・・あれは・・りっちゃん隊員!
--------------------------------------------------------
前回で唯をかばい守りながら戦う事を決意した兵士のお話。
「A MATTER OF LIFE AND DEATH」聴いてたら急に思いついたので
描かずにいられなかった
このアルバムを完全再現したライブはとても楽しかった記憶がある
その前のライブで不運な席についてせっかくのフルセットが見れなかったせいもあるかもだが。

 
BACK